iPhoneアプリのおすすめ情報【iPhone女史】

電話の使い方まとめ、着信音量から留守番、緊急電話まで

iPhone設定・使い方・Tips2010/03/19

みなさんは国内の固定電話や公衆電話で、自分のiPhoneに届いた留守電メッセージを聞く事ができるって知ってました?お恥ずかしいことに、私はつい最近知りました(>ω<;)すごい機能ですよね!!iPhoneを忘れてきた時なんかに大活躍間違いなしです☆ 普段あまり意識しないで使ってる「電話」の機能ですが、使いこなしているようで意外と知らないことが多いのかもしれません。今日はそんな「電話」について詳しく見ていこうと思います♪「続きを読む」からどうぞ☆

着信

着信があった場合、画面上にはかかってきた電話番号、もしくは「連絡先」に登録している名前が表示されます。 ・通常ロックがかかってる時は左画像の下「応答」のスライダーを右へスライドさせると通話ができます。電話に出れない場合、「スリープ/スリープ解除」ボタンを素早く2回押すと、応答メッセージが流れ、留守番電話センターへとつながります。 ・ロックが解除されている時は、下右画像の様に「拒否」「応答」と表示され。「拒否」をタップすると応答メッセージが流れ留守番電話センターへ転送されます。

・通話を切る場合も画面下「通話終了」をタップしないと、つながったままの状態で下の中央画像ように画面上に通話の表示がされます。緑色の表示部分をタップすると通話の画面に戻りますので、「通話終了」をタップしましょう。

着信音量

iPhone本体の横部分にある「音量調節」ボタンで上を押すと音量アップ、下を押すと音量ダウンになります。

音量調節ボタンの上にある「サウンドオン/オフ」ボタンを切り替えることで着信音や操作音のオン/オフができます。オレンジの印が見えている時が音がならないオフの状態です。ただし、時計アラームを設定してる方はアラーム音は鳴る様になってます。

「着信音」の設定は、ホーム画面「設定」→「サウンド」→「着信音」→一覧の中から選択してタップし、「✓」が表示されれば完了です。

「iTunes」で登録している曲から「着信音」を作成することもできます。(iTunes Storeで購入した曲は着信音には出来ません。)パソコン上で「iTunes」の曲を選択→Macの場合「情報を見る」、Winの場合「プロパティ」を選択→タブ「オプション」をクリック→画面中央「開始時間」「停止時間」に「✓」をつけ「停止時間」を「0:40」に設定→「OK」をクリック→「詳細」メニューから「AACバージョンを作成(V)」→時間の所が「0:40」になっているのを確認→設定した曲をドラッグ&ドロップでデスクトップへ移動→拡張子「m4a」を「m4r」に変更→名前の変更「!」と表示されますが「はい」をクリック→再度ドラッグ&ドロップでデスクトップからiTunesライブラリに移動→ライブラリに「着信音」が追加され、選択すると着信音が登録されています。あとは着信音の同期で完了です。

バイブレーション

着信があると振動で知らせてくれます。サイレントで設定されていても振動させることが可能です。 ホーム画面の「設定」→「サウンド」で設定します。

・サイレントの時に「オン」→サイレント設定時は、着信音は鳴らず振動だけで知らせてくれます。 ・サイレントで「オフ」、着信で「オン」→サイレント設定時は、何も鳴りません。サイレント解除時は着信音と振動で知らせてくれます。

発信

最初から標準搭載されている「連絡先」に情報を登録しておくと、「連絡先」から相手を選び、電話番号をタップして電話をかける事が出来ますが、ホーム画面の下に表示してある緑色の「電話」アイコンの電話機能で簡単に電話がかけられます。

・自分の番号を相手に表示させない非通知発信は、ホーム画面の「設定」→「電話」→発信「発信者番号通知」→オン/オフのスライドを「オフ」に設定で完了です。

ホーム画面の「電話」アイコンをタップすると、画面下に電話での機能が表示されます。(赤枠の所)

※「緊急電話」(110)(119)(118)はパスコードでロックされている状態でも、キーパッドを使って発信できます。

よく使う項目

よく連絡を取り合う方をここに登録しておくとワンタッチで電話がかけられます。登録するには、画面右上の「+」をタップします。すると、「連絡先」のデータが表示されますので、選んでタップしていくと「よく使う項目」に登録されます。 電話をかける際は「名前>」の欄をタップするだけで相手に発信されます。

画面左上「編集」のアイコンでは登録情報や順番の並べ替え、項目から削除などを行う事ができます。 画面右側の青い「>」をタップすると、登録情報が閲覧できます。

一覧の並び替えは、画面左上「編集」をタップして画面右側の「Ξ」をドラックして移動させます。一覧から削除される時は、画面左側の赤い「-」をタップして「|」に替え、右側「削除」をタップします。

履歴

ここでは、自分からの発信と相手からかかってきた履歴、不在着信の一覧を表示してくれます。自分からの発信は名前の横に受話機のマークが表示され、着信で出れなかった場合の不在は赤で表示されます。 不在着信があった事場合、ホーム画面の「電話」アイコンに不在着信の件数が表示されます。履歴を閲覧すると数字はきえます。

下の画像左は履歴の「すべて」と右は「不在一覧」です。 履歴一覧からでも、名前をタップすると発信されます。

画面の右側に表示してある青い「>」をタップすると登録してある情報を閲覧する事が出来ます。 また、画面右上の「消去」をタップすると全ての履歴が消去されます。

連絡先

標準搭載されている「連絡先」のデータを表示します。 ここから前記のように電話をかけることもできます。

キーパッド

通常に電話番号をタップして発信します。 タップした番号は画面上に表示されます。また、「発信」ボタンの横にある「+」で「連絡先」への登録が可能です。違うページからコピー&ペーストで張り付けて発信する事もできます。

留守番電話

留守番電話センターにメッセージが残されていると、ホーム画面「電話」アイコンにお知らせの件数が表示されます。また、着信のお知らせ機能を設定していると電源オフ、圏外の時にかかった電話をSMS/MMSで知らせてくれます。画面右下「留守番電話」をタップすると留守番電話(1416国内専用)へつながりメッセージを聞くと事ができます。メッセージを聞くとお知らせのマークは消えます。

・iPhoneを忘れてきた時等、国内の固定電話や公衆電話から留守電を聞く事ができます。「0906651416」を発信し音声案内に従いメッセージを確認できます。(iPhone購入時の暗証番号が必要になります) ※基本オプションパック(i)を契約していると、「ビジュアルボイスメールサービス」でより便利な留守番電話機能を利用できます。3分のメッセージを90件、一週間センターに保管でき、一覧で表示されるので聞きたいメッセージだけをタップして聞けます。 ・着信のお知らせを停止したい時は、留守番電話センター「1414」を発信して音声案内に従い設定を行います。 ・留守電の機能をオフにしたい時は、ホーム画面「設定」→「電話」→「ソフトバンクモバイルサービス」→「留守番電話OFF」をタップしていきます。留守電機能をオンにしたい時は、「留守番電話ON」の所をタップします。

・応答メッセージを自分の声でオリジナルメッセージに設定する場合は、1416を発信→「パーソナルオプションの変更(2)」→「オリジナル応答メッセージの録音・消去・再生(3)」→「オリジナル応答メッセージ(3)」→1分以内に録音→#→9→#→「応答メッセージの設定(2)」→「オリジナル応答メッセージにする(2)」の流れでタップすると設定完了です。

転送

iPhoneにかかってきた電話を違う電話に転送する場合、ホーム画面「設定」→「電話」→発信「自動電話転送」→オン/オフをスライドさせてオンに設定→転送先電話番号の入力→認識されてステータスバー(画面上)に青い受話機のアイコンが表示されれば完了です。

転送機能を解除する時は、「自動電話転送」画面のオン/オフのスライドを「オフ」に切り換えて下さい。

通話中の機能

・消音→相手側の声は聞こえますが、こちらの声は聞こえなくなります。 ・キーパッド→通話中にキーパッドを表示できます。音声案内で番号入力する際に使います。 ・スピーカー→ハンズフリーで通話ができます。 ・通話を追加→有料オプションの機能です。通話中に別の相手を追加して通話ができます。 ・保留→通話の途中にキャッチフォンが入った時、保留をしたい時にタップします。解除する時も「保留」をタップします。(基本オプションパックに加入されている方が利用可) ・連絡先→通話中「連絡先」のデータを閲覧する事ができます。

グループ電話

基本オプションパック(i)に加入されている方は3者通話で3人同時の会話ができます。 通話中にかかってきた電話を「通話を保留にして応答」で、最初に会話をしていた相手には保留になり、かかってきた相手と会話ができます。また通話中、新たな番号へ電話する際も「通話を追加」をタップして「連絡先」を表示させ選択して発信します。「グループ通話」機能をタップすると画面上に「名前(もしくは番号)&名前」で表示され3人で通話ができます。 割り込み通話を停止する場合、ホーム画面「設定」→「電話」→発信「割込通話」→オン/オフのスライドを「オフ」に切り替えて完了です。

マイクヘッドホン

マイク付きヘッドフォンを使用する場合、下の画像赤枠のマイクの所、中央ボタンで操作が可能です。

・かかってきた電話に出る→1回押し ・通話を切る→1回押し ・かかってきた電話を拒否する→2秒程長押し

Bluetooth

Bluetoothヘッドセット、カーキットを使用する場合、iPhoneに登録の設定が必要となります。ホーム画面「設定」→「一般」→「Bluetooth」→オン/オフのスライドを「オン」→iPhoneがヘッドフォンを検索し選択される→「デバイス名」のタップ→「PIN番号」の入力→画面右上の「接続」をタップして完了。 画面上ステータスバーにBluetoothのアイコンが表示されます。表示されていない場合オフになっています。また灰色はデバイスが圏外もしくはオフになってる状態です。 Bluetoothの解除は、ホーム画面「設定」→「一般」→「Bluetooth」オン→デバイス名の選択→「登録解除」で完了です。

国際電話

海外や国内から国際電話をかける時は、先頭に「+」を付けます。キーパッドの「0」を長押しで「+」が表示されます。そのあとに国番号や国コードを入力します。 ※また、内線番号に使用される「,」はキーパッド「*」を長押しで表示されます。

音声コントロール

こちらはiPhone3GSのみに利用できます。iPhoneのマイクの部分に向かって音声で操作する便利な機能です。電話に限らず音楽の再生を行う事も可能です。 ホームボタンを約2秒程長押しするとピーっと効果音が鳴り「音声コントロール」の画面が表示されます。(ヘッドフォンをご利用の場合、中央ボタンを長押しします。)

主なワードとして、「電話番号」、「連絡先に登録している名前」や「電話をかける」、「間違い」など。音楽の面では、「再生」「停止」「アーティスト名」「曲名」「誰の曲」とある程度の言葉に対応出来るようになっています。電話をかける相手の名前だけではなくフルネームで言うと認識されやすくなってます。また、複数の番号をお持ちの方へは番号や「自宅」「携帯」などワードを指定すると認識されやすいです。

この「音声コントロール」を電話発信では利用せず、iPodのみに使用する事も出来ます。ホーム画面「設定」→「一般」→「パスコードロック」→パスコードを入力→「音声ダイヤル」のオン/オフをスライドさせて「オフ」にして完了。

誤って発信してしまう事が多い時はこの設定をお薦めします。 「電話」の主な機能は以上です☆

この記事に使われているタグ


ページトップへ戻る